競馬ブラスト〜関係者情報を生かした競馬予想〜

2023年G1レース結果23戦12勝540万円獲得!関係者(厩舎スタッフ、騎手、バレット、記者等)の情報を生かした競馬予想。予想結果も公開.。

2019年06月

今週の宝塚記念には「高配当の使者」が出走となります。



今週は宝塚記念週となります。
今週の宝塚記念には「高配当の使者」が出走となります。

また、今週は「強力厩舎情報馬」「強力騎手情報馬」の出走となります。


今週の小ネタ

日曜日
函館12レース
カフジキング
2走前は転厩明けの1戦となり、休み明けで攻め本数が足りない状況で2着となり、現級では力上位の1頭。
この馬はこれまでダート37戦で掲示板を外したのが1度のみで、それも不良馬場という特殊な条件で6着という内容です。
ただ、2着が異様に多い理由は、この馬は最後の直線で前の馬を抜かそうとしない悪癖があるためで、ブリンカーを着けても効果が見られなかっただけに今回も2~3着に取りこぼす可能性はあります。
「前走はスムーズに競馬が出来ましたけど直線で動き切れなかったのは、急に暑くなった気候の影響があったのかもしれません」との事。
今回は函館戦となるだけに暑さの不安は解消されますが、それでもアタマでは買い辛い1頭です。





2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

日曜日の覆面トラックマン情報



今週は「確勝級厩舎情報馬」「高配当の使者」「強力騎手情報馬」の出走週となります。



日曜日の覆面トラックマン情報
阪神10レース

1メイショウタチマチ
この馬は1700mでペースが速くてもスッと反応しているタイプで、前半のスピードが問われた方が良いタイプと言えます。
5走前のポプラ特ではハイペースで流れて12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.0 - 12.2と息が入っての2F戦となり、2列目から4角で仕掛けて一気に先頭に立って後続を6馬身千切ってきました。
この馬は流れた中で鋭く反応できるのが武器と言え、前走の摩耶Sは稍重の超高速ダートでスローバランスの展開から12.2 - 11.8 - 11.6 - 11.9 - 12.3とL3最速で仕掛けも早くなってしまいました。
途中までは良い脚を使っても一瞬しか脚を使えないタイプだけに、各馬に余力があると難しくなります。
ハイペースでしっかりと引っ張ってくれれば内枠から前目につけてその流れにある程度乗っていきつつ仕掛けを待って入れれば面白い1頭と言えます。





2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

土曜日の覆面トラックマン情報



今週は「確勝級厩舎情報馬」「高配当の使者」「強力騎手情報馬」の出走週となります。



今週の「確勝級厩舎情報馬」
・・・・・・・を狙ったローテーションで・・・・・・・・で掲示板を確保しており、ここにきての安定感が大きくなってきた同馬。
近走は出脚が良く、ある程度の位置でレースを運べるようになった点も心強い材料で、ここ2週は併せ馬で持ったままの手応えで同入しておりフットワークも軽快で・・・・・・・・・・の効果が多く感じられます。
・・・・・・は・・・・・・・で前が開かずに追い出しを待たされるロスがあり、残り・・・・・・・・・過ぎに進路が出来てから良く伸びて・・・・・着争いを制しました。
「しばらく適鞍が無いから、ここで決めておかないといけません」との事で、今回は陣営が必勝態勢で挑む鞍となり、勝負度合いの高い1頭となります。


詳細は会員様情報で公開させていただきます。


土曜日
阪神3レース

7オーマオ
裂蹄で放牧に出されて久々となった2走前は京都1800m戦で超ハイペースの流れで中団外から1~4角で終始外を回す形になっており、13.4 - 12.7 - 12.7 - 13.0 - 13.6のラップ推移の中で半マイル標からマコトエイルの外を促して間合いを詰めて3~4角でロスが大きいレース内容で3着となりました。
それでも持ち時計を詰めて最後まで伸びてきており、流れても対応はしてきた点は評価できます。
また、3走前の京都1800m戦でも13.5 - 13.5 - 13.0 - 12.7 - 12.3とL1まで加速していく流れで好位外から鋭く伸びてハナ差の2着。
この辺からも阪神1800m戦で3~4角外からある程度速い脚を引き出せるのが噛み合いそうな1頭と言え、前走の阪神1800m戦は勝負どころで一杯に追われても置かれてしまい、ここで外から次々に被せられて追い出しのタイミングが遅れて4着となりました。
最後は確実に盛り返す脚を使えるだけに、今回も流れ1つで上位争いになる1頭ですが前走の内容からは阪神よりも京都コース向きの印象があります。




2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

今週は「確勝級厩舎情報馬」「高配当の使者」「強力騎手情報馬」の出走週となります。



今週は「確勝級厩舎情報馬」「高配当の使者」「強力騎手情報馬」の出走週となります。



今週の「確勝級厩舎情報馬」
・・・・・・・を狙ったローテーションで・・・・・・・・で掲示板を確保しており、ここにきての安定感が大きくなってきた同馬。
近走は出脚が良く、ある程度の位置でレースを運べるようになった点も心強い材料で、ここ2週は併せ馬で持ったままの手応えで同入しておりフットワークも軽快で・・・・・・・・・・の効果が多く感じられます。
・・・・・・は・・・・・・・で前が開かずに追い出しを待たされるロスがあり、残り・・・・・・・・・過ぎに進路が出来てから良く伸びて・・・・・着争いを制しました。
「しばらく適鞍が無いから、ここで決めておかないといけません」との事で、今回は陣営が必勝態勢で挑む鞍となり、勝負度合いの高い1頭となります。


詳細は会員様情報で公開させていただきます。



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

日曜日の覆面トラックマン情報



今週は「必勝態勢で挑む1頭」「強力厩舎情報馬」「高配当の使者」出走週となります。



日曜日の覆面トラックマン情報

阪神10レース
4エアアルマス
7走前の未勝利戦では強い競馬で後続をちぎっており、ラップ推移的にもかなり目立つ内容でした。ペースはややスローでしたが中弛みが顕著で、前半3Fで見れば35.1なので速い入りから中盤が緩んでいることを考えればかなり速い時計だと言えます。
ペース自体はハロン12を切ってくるレベルでしたが、前半の3Fが35.1とかなり速い中で先行しながらペースダウンしてこの脚を引き出すことができた点は大きな評価が必要で、超高速に近い馬場なのであてにはしづらいものの、この感じなら距離はもう少し伸びてもやれそうな感じはあります。
また、マイルでも最低限流れた中で脚を引き出せており、未勝利のパフォーマンスは翌週のG1と遜色ない時計でかなり高く、阪神マイルなら面白い1頭です。
シンザン記念は取り消しとなり、アーリントンカップでは休み明けで伸びませんでしたが、休養を経てその後の自己条件を勝ち上がってきました。
この馬は休養の効果で馬体が明らかに成長しており、「以前の体質面の弱さが解消されてきました。先々は絶対に良いところまで行ける馬」と陣営からの評価が高い1頭で、昇級戦の前走は半マイル標でじゃオールフォーラヴのすぐ後ろにつけていましたが坂の下りでスピードに乗って行かずに外枠からスムーズに流れに乗れない中で最後はジワジワと詰め寄っての5着となりました。
ひと叩きされた今回はスムーズに進められれば巻き返し可能の1頭と言えます。
初めてのダートとなりますが血統的にダートは大歓迎のクチで、ダートなら大成する可能性を秘めている1頭と言えます。
日曜日の阪神ダートは道悪の締まったダートが濃厚なため、芝でもオープンを狙える素材だけにこの馬場状態なら不安はありません。




2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 
★★★
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
記事検索