競馬ブラスト〜関係者情報を生かした競馬予想〜

2023年G1レース結果23戦12勝540万円獲得!関係者(厩舎スタッフ、騎手、バレット、記者等)の情報を生かした競馬予想。予想結果も公開.。

2019年09月

指数会員コースの情報結果



今週はスプリンターズステークス週となります。

スプリンターズステークスは「強力厩舎情報馬」出走レースとなり、会員様には5~10万円で勝負していただきます。

また、今週は強力騎手情報馬も出走となります。

今週出走予定の「強力騎手情報馬」
徐々にギアが上がるタイプの馬で、・・・・・・・・・・・・向きの1頭。
・・・・・は「スタートしてハミを取りそうだったし、・・・・・・・・・・掛かる競馬はしたくなかったので出たなりで運びました。それでも最後は一枚も二枚も上・・・・・・・・・・・・・使ってくれました。能力は凄いものがありますよ。」との事で、早目に外目に出すととても届かないような位置から長く脚を使って猛追してきました。
馬場を考慮しても・・・・・・・秒は相当優秀な上がりと言えます。
・・・・・・・は遅い流れで、レースのラスト2ハロンが・・・・・・・・・・の速い上がりの中、後方から直線は外に持ち出す形で勝ち馬に・・・・・馬身、・・・・までよく追い詰めての・・・・・・・となりました。
自身の上がり3ハロン・・・・・・・・・・・・秒も優秀で、今回もまず好勝負になる1頭と言えます。

詳細は会員様情報で公開させていただきます。



9月25日(水)の指数会員コース結果

987



887



76



444






33




2f




1h











先週の会員様情報結果

今週出走予定の情報馬(事前告知内容)

1頭目
・・・・・・の・・・・・・・では・・・・・・・・・・相手に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・た同馬。
・・・・・・・・・のレースだった事もありパドックでは・・・・・・・・・・・・出してうるささを見せていましたが、レースでは・・・・・・・・が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での・・・・・・・となりました。
その後の・・・・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・では・・・・・・・・着と好走。
・・・・・・・は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは・・・・・・・着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って・・・・・・・・・・に浮上しました。
前走騎乗した・・・・・・・・騎手が「・・・・・・・・・・・・・は距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2頭目
・・・・・戦連続・・・・・・となっている同馬。
短期放牧明けの・・・・・・は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて・・・・・・・・・の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の・・・・・・・となりました。
・・・・・・・・・はこれまでのような・・・・・・・・・・・・・という内容ではなかっただけに、・・・・・・・・勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

3頭目
・・・・・・・・となった・・・・・・・・は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と・・・・・騎手。
・・・・・は・・・・・キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、・・・・・・・・・・・・・で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

4頭目
・・・・・・・・・はラスト600mから10秒●→10秒●で・・・・・・・着。
加速に時間がかかる・・・・・・・・・・・産駒だけに・・・・・・・・・・・の究極の瞬発力勝負は不向きでした。
・・・・走前の・・・・・・・・・・では・・・・・・・初戦でレコード決着の中で出遅れて・・・・・・・からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり・・・・・・・・・・・・・・で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の・・・・・着・・・・・・・・・・・は次走の・・・・・・・2着、・・・・・・・賞2着の実力馬で、同馬は適性外の・・・・・・・・でも・・・・着に崩れず好走できており、今回は適性条件の・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、大きく条件が好転します。


詳細は以下のように会員様情報で公開させていただきました。


土曜日の覆面トラックマン情報
中山6レース

10プルクラ(強力騎手情報馬)
初戦の東京では経験馬相手に勝利を決めた同馬。
初めてのレースだった事もありパドックでは馬っ気を出してうるささを見せていましたが、レースでは2着馬が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での勝利となりました。
その後の函館・札幌の芝2600mでは3、2着と好走。
前走は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは4着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って2番手に浮上しました。
前走騎乗したルメール騎手が「2600mは距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2インペリアルフィズ
3戦連続4着となっている同馬。
短期放牧明けの前走は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて1,2着馬の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の4着となりました。
前走はこれまでのような善戦止まりという内容ではなかっただけに、今回は勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

9ヴァイスブリッツ(強力騎手情報馬)
中央再入厩となった前走は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と川又騎手。
前走は11キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、叩き2戦目で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

13キタサンバルカン
前走はラスト600mから10秒8→10秒7で4着。
加速に時間がかかるルーラーシップ産駒だけに新潟外回りの究極の瞬発力勝負は不向きでした。
5走前の葉牡丹賞では昇級初戦でレコード決着の中で出遅れて殿からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり34.1秒で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の2着ランフォザローゼスは次走の京成杯2着、青葉賞2着の実力馬で、同馬は適性外の青葉賞でも4着に崩れず好走できており、今回は適性条件の中山外回り芝2200mで、大きく条件が好転します。

結果は4番人気の強力騎手情報馬ヴァイスブリッツが1着、13キタサンバルカンが2着、強力厩舎情報馬の10プルクラが3着となり、情報通りの決着で86.2倍的中となりました。



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

今週のスプリンターズステークスは「強力厩舎情報馬」出走レースとなり、会員様には5~10万円で勝負していただきます。



今週はスプリンターズステークス週となります。

スプリンターズステークスは「強力厩舎情報馬」出走レースとなり、会員様には5~10万円で勝負していただきます。

また、今週は強力騎手情報馬も出走となります。

今週出走予定の「強力騎手情報馬」
徐々にギアが上がるタイプの馬で、・・・・・・・・・・・・向きの1頭。
・・・・・は「スタートしてハミを取りそうだったし、・・・・・・・・・・掛かる競馬はしたくなかったので出たなりで運びました。それでも最後は一枚も二枚も上・・・・・・・・・・・・・使ってくれました。能力は凄いものがありますよ。」との事で、早目に外目に出すととても届かないような位置から長く脚を使って猛追してきました。
馬場を考慮しても・・・・・・・秒は相当優秀な上がりと言えます。
・・・・・・・は遅い流れで、レースのラスト2ハロンが・・・・・・・・・・の速い上がりの中、後方から直線は外に持ち出す形で勝ち馬に・・・・・馬身、・・・・までよく追い詰めての・・・・・・・となりました。
自身の上がり3ハロン・・・・・・・・・・・・秒も優秀で、今回もまず好勝負になる1頭と言えます。

詳細は会員様情報で公開させていただきます。




先週の会員様情報結果

今週出走予定の情報馬(事前告知内容)

1頭目
・・・・・・の・・・・・・・では・・・・・・・・・・相手に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・た同馬。
・・・・・・・・・のレースだった事もありパドックでは・・・・・・・・・・・・出してうるささを見せていましたが、レースでは・・・・・・・・が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での・・・・・・・となりました。
その後の・・・・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・では・・・・・・・・着と好走。
・・・・・・・は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは・・・・・・・着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って・・・・・・・・・・に浮上しました。
前走騎乗した・・・・・・・・騎手が「・・・・・・・・・・・・・は距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2頭目
・・・・・戦連続・・・・・・となっている同馬。
短期放牧明けの・・・・・・は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて・・・・・・・・・の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の・・・・・・・となりました。
・・・・・・・・・はこれまでのような・・・・・・・・・・・・・という内容ではなかっただけに、・・・・・・・・勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

3頭目
・・・・・・・・となった・・・・・・・・は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と・・・・・騎手。
・・・・・は・・・・・キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、・・・・・・・・・・・・・で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

4頭目
・・・・・・・・・はラスト600mから10秒●→10秒●で・・・・・・・着。
加速に時間がかかる・・・・・・・・・・・産駒だけに・・・・・・・・・・・の究極の瞬発力勝負は不向きでした。
・・・・走前の・・・・・・・・・・では・・・・・・・初戦でレコード決着の中で出遅れて・・・・・・・からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり・・・・・・・・・・・・・・で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の・・・・・着・・・・・・・・・・・は次走の・・・・・・・2着、・・・・・・・賞2着の実力馬で、同馬は適性外の・・・・・・・・でも・・・・着に崩れず好走できており、今回は適性条件の・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、大きく条件が好転します。


詳細は以下のように会員様情報で公開させていただきました。


土曜日の覆面トラックマン情報
中山6レース

10プルクラ(強力騎手情報馬)
初戦の東京では経験馬相手に勝利を決めた同馬。
初めてのレースだった事もありパドックでは馬っ気を出してうるささを見せていましたが、レースでは2着馬が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での勝利となりました。
その後の函館・札幌の芝2600mでは3、2着と好走。
前走は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは4着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って2番手に浮上しました。
前走騎乗したルメール騎手が「2600mは距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2インペリアルフィズ
3戦連続4着となっている同馬。
短期放牧明けの前走は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて1,2着馬の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の4着となりました。
前走はこれまでのような善戦止まりという内容ではなかっただけに、今回は勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

9ヴァイスブリッツ(強力騎手情報馬)
中央再入厩となった前走は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と川又騎手。
前走は11キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、叩き2戦目で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

13キタサンバルカン
前走はラスト600mから10秒8→10秒7で4着。
加速に時間がかかるルーラーシップ産駒だけに新潟外回りの究極の瞬発力勝負は不向きでした。
5走前の葉牡丹賞では昇級初戦でレコード決着の中で出遅れて殿からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり34.1秒で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の2着ランフォザローゼスは次走の京成杯2着、青葉賞2着の実力馬で、同馬は適性外の青葉賞でも4着に崩れず好走できており、今回は適性条件の中山外回り芝2200mで、大きく条件が好転します。

結果は4番人気の強力騎手情報馬ヴァイスブリッツが1着、13キタサンバルカンが2着、強力厩舎情報馬の10プルクラが3着となり、情報通りの決着で86.2倍的中となりました。



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

日曜日の覆面トラックマン情報



日曜日の覆面トラックマン情報
阪神2レース

6マドルガーダ
「初戦はもう一列前で競馬が出来ていれば違っていたと思います。」との事で、2戦目の前走は積極的に逃げて2着。
前走はスタートを決めてスッとハナに立ち、レースのラスト3ハロンが11秒2―11秒1―11秒6で2着となりましたが、この流れに持ち込んで一気に差し切られたのは勝った馬の決め手を誉めるレースと言えます。
ただ。前走時は物見をしながらの競馬だっただけにまだ伸びしろは大きく、近2走で逃げ差し自在のところを示しているだけに崩れる可能性が低く、今回はメンバー的にもチャンスが大きい1頭です。

15フィロス
これまでは稽古の良さを生かせていませんでしたが、
使いながら状態が上向いてきた馬で、前走は稽古で見せている良い伸びを見せて2着に好走してきました。
内目を立ち回ってロスの無い競馬となり、直線でもしっかりと追い上げて好内容の2着となっただけに、前走の内容ならすぐに順番が回って来そうな1頭と言えます。




土曜日の結果

今週出走予定の情報馬


1頭目
・・・・・・の・・・・・・・では・・・・・・・・・・相手に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・た同馬。
・・・・・・・・・のレースだった事もありパドックでは・・・・・・・・・・・・出してうるささを見せていましたが、レースでは・・・・・・・・が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での・・・・・・・となりました。
その後の・・・・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・では・・・・・・・・着と好走。
・・・・・・・は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは・・・・・・・着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って・・・・・・・・・・に浮上しました。
前走騎乗した・・・・・・・・騎手が「・・・・・・・・・・・・・は距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2頭目
・・・・・戦連続・・・・・・となっている同馬。
短期放牧明けの・・・・・・は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて・・・・・・・・・の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の・・・・・・・となりました。
・・・・・・・・・はこれまでのような・・・・・・・・・・・・・という内容ではなかっただけに、・・・・・・・・勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

3頭目
・・・・・・・・となった・・・・・・・・は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と・・・・・騎手。
・・・・・は・・・・・キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、・・・・・・・・・・・・・で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

4頭目
・・・・・・・・・はラスト600mから10秒●→10秒●で・・・・・・・着。
加速に時間がかかる・・・・・・・・・・・産駒だけに・・・・・・・・・・・の究極の瞬発力勝負は不向きでした。
・・・・走前の・・・・・・・・・・では・・・・・・・初戦でレコード決着の中で出遅れて・・・・・・・からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり・・・・・・・・・・・・・・で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の・・・・・着・・・・・・・・・・・は次走の・・・・・・・2着、・・・・・・・賞2着の実力馬で、同馬は適性外の・・・・・・・・でも・・・・着に崩れず好走できており、今回は適性条件の・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、大きく条件が好転します。


詳細は以下のように会員様情報で公開させていただきました。



土曜日の覆面トラックマン情報

土曜日
中山6レース

10プルクラ(強力騎手情報馬)
初戦の東京では経験馬相手に勝利を決めた同馬。
初めてのレースだった事もありパドックでは馬っ気を出してうるささを見せていましたが、レースでは2着馬が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での勝利となりました。
その後の函館・札幌の芝2600mでは3、2着と好走。
前走は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは4着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って2番手に浮上しました。
前走騎乗したルメール騎手が「2600mは距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2インペリアルフィズ
3戦連続4着となっている同馬。
短期放牧明けの前走は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて1,2着馬の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の4着となりました。
前走はこれまでのような善戦止まりという内容ではなかっただけに、今回は勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

9ヴァイスブリッツ(強力騎手情報馬)
中央再入厩となった前走は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と川又騎手。
前走は11キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、叩き2戦目で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

13キタサンバルカン
前走はラスト600mから10秒8→10秒7で4着。
加速に時間がかかるルーラーシップ産駒だけに新潟外回りの究極の瞬発力勝負は不向きでした。
5走前の葉牡丹賞では昇級初戦でレコード決着の中で出遅れて殿からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり34.1秒で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の2着ランフォザローゼスは次走の京成杯2着、青葉賞2着の実力馬で、同馬は適性外の青葉賞でも4着に崩れず好走できており、今回は適性条件の中山外回り芝2200mで、大きく条件が好転します。

結果は4番人気の強力騎手情報馬ヴァイスブリッツが1着、13キタサンバルカンが2着、強力厩舎情報馬の10プルクラが3着となり、情報通りの決着で86.2倍的中となりました。




↓日曜日の登録はコチラで受け付け中です↓


2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

土曜日の会員様情報結果



土曜日の結果

今週出走予定の情報馬


1頭目
・・・・・・の・・・・・・・では・・・・・・・・・・相手に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・た同馬。
・・・・・・・・・のレースだった事もありパドックでは・・・・・・・・・・・・出してうるささを見せていましたが、レースでは・・・・・・・・が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での・・・・・・・となりました。
その後の・・・・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・では・・・・・・・・着と好走。
・・・・・・・は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは・・・・・・・着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って・・・・・・・・・・に浮上しました。
前走騎乗した・・・・・・・・騎手が「・・・・・・・・・・・・・は距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2頭目
・・・・・戦連続・・・・・・となっている同馬。
短期放牧明けの・・・・・・は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて・・・・・・・・・の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の・・・・・・・となりました。
・・・・・・・・・はこれまでのような・・・・・・・・・・・・・という内容ではなかっただけに、・・・・・・・・勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

3頭目
・・・・・・・・となった・・・・・・・・は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と・・・・・騎手。
・・・・・は・・・・・キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、・・・・・・・・・・・・・で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

4頭目
・・・・・・・・・はラスト600mから10秒●→10秒●で・・・・・・・着。
加速に時間がかかる・・・・・・・・・・・産駒だけに・・・・・・・・・・・の究極の瞬発力勝負は不向きでした。
・・・・走前の・・・・・・・・・・では・・・・・・・初戦でレコード決着の中で出遅れて・・・・・・・からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり・・・・・・・・・・・・・・で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の・・・・・着・・・・・・・・・・・は次走の・・・・・・・2着、・・・・・・・賞2着の実力馬で、同馬は適性外の・・・・・・・・でも・・・・着に崩れず好走できており、今回は適性条件の・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、大きく条件が好転します。


詳細は以下のように会員様情報で公開させていただきました。



土曜日の覆面トラックマン情報

土曜日
中山6レース

10プルクラ(強力騎手情報馬)
初戦の東京では経験馬相手に勝利を決めた同馬。
初めてのレースだった事もありパドックでは馬っ気を出してうるささを見せていましたが、レースでは2着馬が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での勝利となりました。
その後の函館・札幌の芝2600mでは3、2着と好走。
前走は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは4着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って2番手に浮上しました。
前走騎乗したルメール騎手が「2600mは距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2インペリアルフィズ
3戦連続4着となっている同馬。
短期放牧明けの前走は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて1,2着馬の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の4着となりました。
前走はこれまでのような善戦止まりという内容ではなかっただけに、今回は勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

9ヴァイスブリッツ(強力騎手情報馬)
中央再入厩となった前走は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と川又騎手。
前走は11キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、叩き2戦目で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

13キタサンバルカン
前走はラスト600mから10秒8→10秒7で4着。
加速に時間がかかるルーラーシップ産駒だけに新潟外回りの究極の瞬発力勝負は不向きでした。
5走前の葉牡丹賞では昇級初戦でレコード決着の中で出遅れて殿からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり34.1秒で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の2着ランフォザローゼスは次走の京成杯2着、青葉賞2着の実力馬で、同馬は適性外の青葉賞でも4着に崩れず好走できており、今回は適性条件の中山外回り芝2200mで、大きく条件が好転します。

結果は4番人気の強力騎手情報馬ヴァイスブリッツが1着、13キタサンバルカンが2着、強力厩舎情報馬の10プルクラが3着となり、情報通りの決着で86.2倍的中となりました。




↓日曜日の登録はコチラで受け付け中です↓


2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

今週の覆面トラックマン情報



今週は「強力厩舎情報馬」「強力騎手情報馬」の出走週となります。



今週出走予定の情報馬


1頭目
・・・・・・の・・・・・・・では・・・・・・・・・・相手に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・た同馬。
・・・・・・・・・のレースだった事もありパドックでは・・・・・・・・・・・・出してうるささを見せていましたが、レースでは・・・・・・・・が来るのを待つ余裕を見せて最後は差し返す格好での・・・・・・・となりました。
その後の・・・・・・・・・・・・の・・・・・・・・・・では・・・・・・・・着と好走。
・・・・・・・は中団で折り合って運び、向正面で他馬の進出もありましたが我慢させてラスト900m付近で進出開始し、勝負どころでは・・・・・・・着馬と一緒に上がって行って最後まで長く脚を使って・・・・・・・・・・に浮上しました。
前走騎乗した・・・・・・・・騎手が「・・・・・・・・・・・・・は距離が長い」と進言していただけに距離短縮はプラスに出そうです。

2頭目
・・・・・戦連続・・・・・・となっている同馬。
短期放牧明けの・・・・・・は直線まで良い形で集中して走れていましたが、直線で内を捌いて・・・・・・・・・の間を狙って接近して突き抜けそうな脚勢を見せるも両馬のステッキが邪魔で進路が閉まってブレーキを掛けるロスがあり、かなり惜しい内容の・・・・・・・となりました。
・・・・・・・・・はこれまでのような・・・・・・・・・・・・・という内容ではなかっただけに、・・・・・・・・勝ち負けに加われそうな1頭と言えます。

3頭目
・・・・・・・・となった・・・・・・・・は「ペースは遅かったですけど、初めての距離でしたし、突かれていたので番手を取るよりも乗りやすさ重視で運びました。次は勝ってくれると思います」と・・・・・騎手。
・・・・・は・・・・・キロ増での出走となり、外に寄れながらのスタートでスローペースで行きたがるのをなだめながらの競馬となっていました。
最後はジリジリと差を詰める程度でしたが、いかにも『様子見』と言ったレース内容だっただけに勝負に徹した騎乗ではなく、・・・・・・・・・・・・・で上積みが見込める今回は大きくパフォーマンスを上げて来そうな1頭と言えます。

4頭目
・・・・・・・・・はラスト600mから10秒●→10秒●で・・・・・・・着。
加速に時間がかかる・・・・・・・・・・・産駒だけに・・・・・・・・・・・の究極の瞬発力勝負は不向きでした。
・・・・走前の・・・・・・・・・・では・・・・・・・初戦でレコード決着の中で出遅れて・・・・・・・からの競馬となり、3角からハミを取って馬場の外に出すと目を引く伸びを見せてメンバー最速の上がり・・・・・・・・・・・・・・で猛追してきました。
このレースでアタマ・クビ差の・・・・・着・・・・・・・・・・・は次走の・・・・・・・2着、・・・・・・・賞2着の実力馬で、同馬は適性外の・・・・・・・・でも・・・・着に崩れず好走できており、今回は適性条件の・・・・・・・・・・・・・・・・・・で、大きく条件が好転します。


詳細は会員様情報で公開させていただきます。




土曜日の小ネタ

中山10レース
11コロラトゥーレ
前々走の走破時計(開催ナンバー2)から53キロなら昇級でもある程度やれると思っていた前走でしたが、直線半ばからずっと窮屈になってしまい5着まで。
前走は良い位置で流れに乗れていましたが、直線で追われてからスッと動けずにゴール手前で内外から挟まれてしまい、体勢を崩す不利がありました
スムーズなら更に上位が可能の1頭と言えますが、道悪馬場は苦手なタイプだけに、雨馬場で大敗して次走の良馬場+内枠で妙味が生じた時に厚く買いたい1頭です。




先週の会員様情報結果

土曜日の覆面トラックマン情報結果
阪神10レース

10キャスパ―リーグ
超高速馬場の中でもしっかりと速いラップを踏める馬が狙い目となるだけに、1200mならどういう状況でも大崩れがない同馬は信頼度の高い1頭と言えます。
この馬が避けたい展開は3走前の阪神1200m戦のような競馬で、内枠で包まれて下げざるを得ない展開となり、スピードに乗るのに遅れて3そこまでハイペースではない展開で5着まで。
この馬は基本的に加速性能も高いタイプで、新潟内1200m戦でも後方から鋭く伸びてこれますが近2走の小倉1200m戦が示しているように全体で流れている中でポジションを取っていける枠が理想です。
今回は外目の枠を引き当て、超高速馬場で前もかなり意識的に行く想定だけに、後半で質的にトップスピードを持っていて前半のスピードをある程度見せてているこの馬が優位となります。
今回は昇級戦となりますが、前走でも抜け出してから耳を絞って気の悪さを見せているようにまだ伸びしろが大きい1頭と言えます。

14ワールドフォーラブ
前走は休み明けで18キロ減で挑み8着となりましたが、能力・適性的には面白い馬で、2走前の御池特別では内を上手く立ち回って11秒前後のラップをしっかりと踏めていました。
2走前9着の敗因は出遅れで、ゲートで寝ころんでしまって何度か直されていましたが直前にも寝ころんだ事で大きく出遅れてしまいました。
3走前の京都1200m戦では平均ペースで12.1 - 10.6 - 10.9 - 11.0 - 11.2 - 11.9とコーナーで速いラップを連続する形となり、好位で立ち回って中目から内に切って進路が取れず「勝ち馬の手応えが良くない時に動いたらタイミングが合いませんでした。そこのロスの分で脚を余してしまいました。」との事。
このレースは待たされてからL1で来ていたため、ロングスプリント適性は示したと言え、今の馬場ではこういう適性が求められるために適性・能力を考えると面白い存在です。
近3走は能力通りに競馬が出来ていないだけに、実力とかけ離れたオッズになる可能性が高く、妙味がある1頭と言えます。


会員様には上記2頭の馬連・ワイドの各1点指示となりましたが、4番人気のキャスパリーグが2着、11番人気のワールドフォーラブが3着でワイド32.5倍的中となり65万円獲得となりました。

6565










2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 
★★★
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
記事検索