競馬ブラスト〜関係者情報を生かした競馬予想〜

2023年G1レース結果23戦12勝540万円獲得!関係者(厩舎スタッフ、騎手、バレット、記者等)の情報を生かした競馬予想。予想結果も公開.。

2020年02月

強力騎手情報馬2着で5.7倍、56.6倍ダブル的中となりました

人気ブログランキングへ



今週は倍額勝負(5~6万円勝負)の「強力騎手情報馬(土曜日)」「高配当の使者(日曜日)」出走レースの提供週となります。


土曜日の結果

今週出走の「強力騎手情報馬」
・・・・・走前は・・・・・・・・・・・・となりましたが、立ち回りのうまさを生かしてコンマ・・・秒差の・・・・・・。
・・・・・・・・・・・でも折り合いはついており、「調教でも折り合いがどんどん良くなっています。追ってモタれる面は・・・・・を・・・・・・・・稽古してから良くなりました。」との事で、ゴール前で他馬と接触するシーンがありましたが、怯む事無く最後まで脚を使えていました。
・・・・・・・の・・・・・・はレースでも・・・・を・・・・・・・挑み、「モタれる部分は最初の入りだけでしたし、それ以外は真っすぐ走れていました。できれば4角でスッと動ければと思っていましたが、必要以上に手が動いてしまいましたね。ただ、上のクラスまで行ける力はありますし、期待している馬なので何かひとつ勝たせてあげたいです」と・・・・・・騎手の期待が大きい1頭です。



上記内容は会員様情報では以下のように公開させていただきました。


土曜日の覆面トラックマン情報

中山11レース

7ヒシヴィクトリー(強力騎手情報馬)
2走前は昇級緒戦となりましたが、立ち回りのうまさを生かしてコンマ1秒差の3着。
距離延長でも折り合いはついており、「調教でも折り合いがどんどん良くなっています。追ってモタれる面は舌を縛って稽古してから良くなりました。」との事で、ゴール前で他馬と接触するシーンがありましたが、怯む事無く最後まで脚を使えていました。
叩き2戦目の前走はレースでも舌を縛って挑み、「モタれる部分は最初の入りだけでしたし、それ以外は真っすぐ走れていました。できれば4角でスッと動ければと思っていましたが、必要以上に手が動いてしまいましたね。ただ、上のクラスまで行ける力はありますし、期待している馬なので何かひとつ勝たせてあげたいです」と木幡騎手の期待が大きい1頭です。

結果はクビ差の2着となり、馬連5.7倍、3連単56.6倍ダブル的中となりました。



↓日曜日情報の登録はコチラ↓
有料情報 お申込み方法


2019年のGⅠレース結果 24戦12勝

2月17日フェブラリーS
特注厩舎情報馬インティが1着となり、約20万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-18.html

3月31日大阪杯
完全的中で88万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-03-31.html

4月7日桜花賞
「高配当の使者」が5番人気1着で24万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-04-08.html

6月2日安田記念
◎2アエロリットからアーモンドアイ、ダノンプレミアム切りで56.7倍的中で79万3800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-02.html

6月23日宝塚記念
「高配当の使者」スワーヴリチャード3着で38万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-23.html

9月29日スプリンターズステークス
馬単3点での的中となり、61万2000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-09-29.html

10月13日秋華賞
709.7倍的中で70万9700円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-10-13.html

12月1日チャンピオンズカップ
4インティ(特注厩舎情報馬)からのワイド2点指示ダブル的中で32万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-02.html

12月8日阪神JF
高配当の使者レシステンシア1着で約90万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-09.html

12月15日朝日杯FS
14番人気のグランレイが3着となり、902.6倍的中で54万1560円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-16.html

12月22日有馬記念
578.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-23.html

12月28日ホープフルステークス 
3連単4点指示で41万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-29.html




有料情報 お申込み方法

2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

土曜日の覆面トラックマン情報

人気ブログランキングへ



今週は倍額勝負(5~6万円勝負)の「強力騎手情報馬」「高配当の使者」出走レースの提供週となります。


今週出走の「強力騎手情報馬」
・・・・・走前は・・・・・・・・・・・・となりましたが、立ち回りのうまさを生かしてコンマ・・・秒差の・・・・・・。
・・・・・・・・・・・でも折り合いはついており、「調教でも折り合いがどんどん良くなっています。追ってモタれる面は・・・・・を・・・・・・・・稽古してから良くなりました。」との事で、ゴール前で他馬と接触するシーンがありましたが、怯む事無く最後まで脚を使えていました。
・・・・・・・の・・・・・・はレースでも・・・・を・・・・・・・挑み、「モタれる部分は最初の入りだけでしたし、それ以外は真っすぐ走れていました。できれば4角でスッと動ければと思っていましたが、必要以上に手が動いてしまいましたね。ただ、上のクラスまで行ける力はありますし、期待している馬なので何かひとつ勝たせてあげたいです」と・・・・・・騎手の期待が大きい1頭です。

今週は上記以外にも多数の情報馬が出走となります。


土曜日

中山1レース
8アコルドエール
ソエの影響で放牧に出されて戻って来てからダートに使われ、いきなり2着となった同馬。
「まだ体が緩かったので4角を曲がって行けなかったです。能力はありますが、まだ体がついてこない感じですね。」と丸山騎手。
当時は太めに映る馬体で出たなりで進めて2番手からの競馬となり、正攻法で一度は抜け出す場面のある見せ場十分の内容でした。
ダート2戦目となった前走は内から好スタートを決めて先手を取り、後続に突かれて未勝利戦ではかなり速い流れとなりながらも3角で好位勢を振り切って直線では逃げ切り態勢に入ってかなり強い内容での2着となりました。
前走は相手が悪かったケースとい言え、直ぐに順番が回って来そうな1頭と言えます。



有料情報 お申込み方法


2019年のGⅠレース結果 24戦12勝

2月17日フェブラリーS
特注厩舎情報馬インティが1着となり、約20万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-18.html

3月31日大阪杯
完全的中で88万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-03-31.html

4月7日桜花賞
「高配当の使者」が5番人気1着で24万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-04-08.html

6月2日安田記念
◎2アエロリットからアーモンドアイ、ダノンプレミアム切りで56.7倍的中で79万3800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-02.html

6月23日宝塚記念
「高配当の使者」スワーヴリチャード3着で38万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-23.html

9月29日スプリンターズステークス
馬単3点での的中となり、61万2000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-09-29.html

10月13日秋華賞
709.7倍的中で70万9700円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-10-13.html

12月1日チャンピオンズカップ
4インティ(特注厩舎情報馬)からのワイド2点指示ダブル的中で32万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-02.html

12月8日阪神JF
高配当の使者レシステンシア1着で約90万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-09.html

12月15日朝日杯FS
14番人気のグランレイが3着となり、902.6倍的中で54万1560円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-16.html

12月22日有馬記念
578.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-23.html

12月28日ホープフルステークス 
3連単4点指示で41万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-29.html




有料情報 お申込み方法

2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

今週は倍額勝負(5~6万円勝負)の「強力騎手情報馬」「高配当の使者」出走レースの提供週となります。

人気ブログランキングへ



今週は倍額勝負(5~6万円勝負)の「強力騎手情報馬」「高配当の使者」出走レースの提供週となります。


今週出走の「強力騎手情報馬」
・・・・・走前は・・・・・・・・・・・・となりましたが、立ち回りのうまさを生かしてコンマ・・・秒差の・・・・・・。
・・・・・・・・・・・でも折り合いはついており、「調教でも折り合いがどんどん良くなっています。追ってモタれる面は・・・・・を・・・・・・・・稽古してから良くなりました。」との事で、ゴール前で他馬と接触するシーンがありましたが、怯む事無く最後まで脚を使えていました。
・・・・・・・の・・・・・・はレースでも・・・・を・・・・・・・挑み、「モタれる部分は最初の入りだけでしたし、それ以外は真っすぐ走れていました。できれば4角でスッと動ければと思っていましたが、必要以上に手が動いてしまいましたね。ただ、上のクラスまで行ける力はありますし、期待している馬なので何かひとつ勝たせてあげたいです」と・・・・・・騎手の期待が大きい1頭です。

今週は上記以外にも多数の情報馬が出走となります。




先週の会員様情報結果

日曜日の結果

東京11レース
フェブラリーS

12モズアスコット(特注厩舎情報馬)
同馬は「フランケル産駒がほしい」というオーナーの意向で購入された経緯がありますが、もともと仔馬の頃からアメリカのGI馬である母父ヘネシーの血を感じさせる特徴がよく出ていたそうです。
07年のフェブラリーSを制したサンライズバッカスをはじめ、ダートに良績のある産駒を多く出しているヘネシーですが、この馬はダート向きの走りだけでなく、がっちりとした体型的な特徴を子や孫たちにも継承していました。
モズアスコットも継承を受けた1頭で、同馬を管理する矢作芳人厩舎では、「芝でデビューさせるが、いずれはダートで走らせる」というプランが、早い段階からありました。
ただ、モズアスコットはデビュー3戦目の芝の未勝利戦を勝つと、一気に4連勝してオープン入りを果たし、翌年には安田記念を勝ってGIとなってしまいました。
その結果、もともと「適性あり」と見ていたダート戦には、使いたくても、使えない状況となってしまいました。
昨秋あたりから、芝での成績がやや頭打ちになったことでダート挑戦プランが再浮上し、昨年の暮れには厩舎関係者か20年は「ダート競馬に挑戦する」と公言されていました。
その結果、初ダートのとなった岸Sではダート界の上位クラスと言えるコパノキッキングを撃破してきました。
前走のパフォーマンスは新たな飛躍を感じさせる内容だっただけに、G1のフェブラリーSでも期待の方が大きい1頭と言えます。

15ケイティブレイブ(高配当の使者)
この馬の場合、あまり前半無理をなければ後半にパフォーマンスを高めるタイプの馬で、前走の川崎記念6着はこの馬にとって最悪の競馬となっただけに参考外の1戦と言えます。
前走は前半から厳しい形を取り過って最後に失速してしまいましたが、帝王賞勝ちを決めた時は出遅れて平均ペースとなった中で後半のロングスパート能力を発揮して直線ゴボウ抜きでの1着。
この馬は後半型の競馬でも高いパフォーマンスを示していましたが、その後は先手を奪うレースばかりでそこそこ好走を繰り返していました。
今回はG1初騎乗となる長岡騎手が騎乗となりますが、同馬には2年前から調教で乗っており誰よりも同馬の事を理解している騎手と言えます。
「調教の感じからも能力が衰えたとは感じません。今回はリズム重視で後ろからいつもと違う競馬になると思います」との事で、激流となる想定の今年のフェブラリーSで帝王賞時の切れ味を発揮できれば一発の可能性がある穴馬となります。


特注厩舎情報馬モズアスコットと高配当の使者ケイティブレイブのワンツー決着となり、馬連362.3倍的中で434万7600円の払い戻しとなりました。


jjg









2019年のフェブラリーSは特注厩舎情報馬インティから20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-17.html

2018年のフェブラリーSは41万5600円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2018-02-18.html

2017年のフェブラリーSは23万5200円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2017-02-19.html




土曜日の覆面トラックマン情報結果

京都2レース
15シーハーハー
初戦はゲート入りに手こずり、出遅れてから挽回していましたが、直線では手前が替わらずにラスト1ハロンで止まってしまい6着。
2戦目は2番手からの競馬となり、終いまで脚が上がらずに走れていましたが右手前のままでひと押しを欠いてしまい2着。
休養後の4戦は2,4,2,4着と立て直しの効果が大きく、2走前は牝馬限定戦での減量騎手起用となりましたが外枠だったために仕掛けてハナに立ち、道中はマイペースで逃げるも最後の坂で甘くなってしまい2着。前走も減量騎手起用となりましたが、混合戦で相手強化の1戦となり最後は手前も替えずに4着。
今回はシュタルケ騎手騎乗で2キロ増え、再度混合戦での右回りとなるだけに、前走同様危険な人気馬候補となります。

12ファイヤーテーラー
2走前のダート1400m戦では追われてから手前が替わらず3着まで。
ダート2戦目の前走は1200m戦に使われて2着。
「調教は追って伸びるけど、レースに行くと頼りなさがありますね。距離は1200mの方が合っていますし、今回も良いと思いますよ」との事。
前走はスッと行き脚がついて好位の内から進めてゆとりを持って追走し、4角でも抑えたままでジワジワと脚を使って2着となりました。
前走は距離短縮が功を奏した格好となりましたが、相手が悪かったケースと言え、再度同条件で好勝負になる1頭です。


14テイエムイダテン
ダート替わりとなった2走前は「前半は忙しかったけど、慣れればこの距離でも問題無さそうです」との事で、気合をつけて前へ息、促しながら流れに乗って最後は渋太く脚を使って2着。
ダート2戦目となった前走はスタートで躓いた上に外の馬が速く、道悪馬場での泥の塊を被るのを嫌ってハナを奪い切り、4角では他馬に前に出られましたが渋太さを発揮して差し返しての2着となりました。
近2走からダート適性の高さを示しており、スムーズな競馬が出来ればここも勝ち負けになる1頭と言えます。

会員様には情報馬2頭の1,2着固定の3連単で勝負していただき、情報馬2頭のワンツー決着で12万4200円獲得となりました。

2142







有料情報 お申込み方法


2019年のGⅠレース結果 24戦12勝

2月17日フェブラリーS
特注厩舎情報馬インティが1着となり、約20万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-18.html

3月31日大阪杯
完全的中で88万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-03-31.html

4月7日桜花賞
「高配当の使者」が5番人気1着で24万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-04-08.html

6月2日安田記念
◎2アエロリットからアーモンドアイ、ダノンプレミアム切りで56.7倍的中で79万3800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-02.html

6月23日宝塚記念
「高配当の使者」スワーヴリチャード3着で38万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-23.html

9月29日スプリンターズステークス
馬単3点での的中となり、61万2000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-09-29.html

10月13日秋華賞
709.7倍的中で70万9700円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-10-13.html

12月1日チャンピオンズカップ
4インティ(特注厩舎情報馬)からのワイド2点指示ダブル的中で32万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-02.html

12月8日阪神JF
高配当の使者レシステンシア1着で約90万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-09.html

12月15日朝日杯FS
14番人気のグランレイが3着となり、902.6倍的中で54万1560円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-16.html

12月22日有馬記念
578.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-23.html

12月28日ホープフルステークス 
3連単4点指示で41万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-29.html




有料情報 お申込み方法

2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

フェブラリーS的中で4年連続的中!高配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得となりました

人気ブログランキングへ





日曜日の結果

東京11レース
フェブラリーS

12モズアスコット(特注厩舎情報馬)
同馬は「フランケル産駒がほしい」というオーナーの意向で購入された経緯がありますが、もともと仔馬の頃からアメリカのGI馬である母父ヘネシーの血を感じさせる特徴がよく出ていたそうです。
07年のフェブラリーSを制したサンライズバッカスをはじめ、ダートに良績のある産駒を多く出しているヘネシーですが、この馬はダート向きの走りだけでなく、がっちりとした体型的な特徴を子や孫たちにも継承していました。
モズアスコットも継承を受けた1頭で、同馬を管理する矢作芳人厩舎では、「芝でデビューさせるが、いずれはダートで走らせる」というプランが、早い段階からありました。
ただ、モズアスコットはデビュー3戦目の芝の未勝利戦を勝つと、一気に4連勝してオープン入りを果たし、翌年には安田記念を勝ってGIとなってしまいました。
その結果、もともと「適性あり」と見ていたダート戦には、使いたくても、使えない状況となってしまいました。
昨秋あたりから、芝での成績がやや頭打ちになったことでダート挑戦プランが再浮上し、昨年の暮れには厩舎関係者か20年は「ダート競馬に挑戦する」と公言されていました。
その結果、初ダートのとなった岸Sではダート界の上位クラスと言えるコパノキッキングを撃破してきました。
前走のパフォーマンスは新たな飛躍を感じさせる内容だっただけに、G1のフェブラリーSでも期待の方が大きい1頭と言えます。

15ケイティブレイブ(高配当の使者)
この馬の場合、あまり前半無理をなければ後半にパフォーマンスを高めるタイプの馬で、前走の川崎記念6着はこの馬にとって最悪の競馬となっただけに参考外の1戦と言えます。
前走は前半から厳しい形を取り過って最後に失速してしまいましたが、帝王賞勝ちを決めた時は出遅れて平均ペースとなった中で後半のロングスパート能力を発揮して直線ゴボウ抜きでの1着。
この馬は後半型の競馬でも高いパフォーマンスを示していましたが、その後は先手を奪うレースばかりでそこそこ好走を繰り返していました。
今回はG1初騎乗となる長岡騎手が騎乗となりますが、同馬には2年前から調教で乗っており誰よりも同馬の事を理解している騎手と言えます。
「調教の感じからも能力が衰えたとは感じません。今回はリズム重視で後ろからいつもと違う競馬になると思います」との事で、激流となる想定の今年のフェブラリーSで帝王賞時の切れ味を発揮できれば一発の可能性がある穴馬となります。


特注厩舎情報馬モズアスコットと高配当の使者ケイティブレイブのワンツー決着となり、馬連362.3倍的中で434万7600円の払い戻しとなりました。


jjg









2019年のフェブラリーSは特注厩舎情報馬インティから20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-17.html

2018年のフェブラリーSは41万5600円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2018-02-18.html

2017年のフェブラリーSは23万5200円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2017-02-19.html




土曜日の覆面トラックマン情報結果

京都2レース
15シーハーハー
初戦はゲート入りに手こずり、出遅れてから挽回していましたが、直線では手前が替わらずにラスト1ハロンで止まってしまい6着。
2戦目は2番手からの競馬となり、終いまで脚が上がらずに走れていましたが右手前のままでひと押しを欠いてしまい2着。
休養後の4戦は2,4,2,4着と立て直しの効果が大きく、2走前は牝馬限定戦での減量騎手起用となりましたが外枠だったために仕掛けてハナに立ち、道中はマイペースで逃げるも最後の坂で甘くなってしまい2着。前走も減量騎手起用となりましたが、混合戦で相手強化の1戦となり最後は手前も替えずに4着。
今回はシュタルケ騎手騎乗で2キロ増え、再度混合戦での右回りとなるだけに、前走同様危険な人気馬候補となります。

12ファイヤーテーラー
2走前のダート1400m戦では追われてから手前が替わらず3着まで。
ダート2戦目の前走は1200m戦に使われて2着。
「調教は追って伸びるけど、レースに行くと頼りなさがありますね。距離は1200mの方が合っていますし、今回も良いと思いますよ」との事。
前走はスッと行き脚がついて好位の内から進めてゆとりを持って追走し、4角でも抑えたままでジワジワと脚を使って2着となりました。
前走は距離短縮が功を奏した格好となりましたが、相手が悪かったケースと言え、再度同条件で好勝負になる1頭です。


14テイエムイダテン
ダート替わりとなった2走前は「前半は忙しかったけど、慣れればこの距離でも問題無さそうです」との事で、気合をつけて前へ息、促しながら流れに乗って最後は渋太く脚を使って2着。
ダート2戦目となった前走はスタートで躓いた上に外の馬が速く、道悪馬場での泥の塊を被るのを嫌ってハナを奪い切り、4角では他馬に前に出られましたが渋太さを発揮して差し返しての2着となりました。
近2走からダート適性の高さを示しており、スムーズな競馬が出来ればここも勝ち負けになる1頭と言えます。

会員様には情報馬2頭の1,2着固定の3連単で勝負していただき、情報馬2頭のワンツー決着で12万4200円獲得となりました。

2142







有料情報 お申込み方法


2019年のGⅠレース結果 24戦12勝

2月17日フェブラリーS
特注厩舎情報馬インティが1着となり、約20万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-18.html

3月31日大阪杯
完全的中で88万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-03-31.html

4月7日桜花賞
「高配当の使者」が5番人気1着で24万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-04-08.html

6月2日安田記念
◎2アエロリットからアーモンドアイ、ダノンプレミアム切りで56.7倍的中で79万3800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-02.html

6月23日宝塚記念
「高配当の使者」スワーヴリチャード3着で38万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-23.html

9月29日スプリンターズステークス
馬単3点での的中となり、61万2000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-09-29.html

10月13日秋華賞
709.7倍的中で70万9700円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-10-13.html

12月1日チャンピオンズカップ
4インティ(特注厩舎情報馬)からのワイド2点指示ダブル的中で32万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-02.html

12月8日阪神JF
高配当の使者レシステンシア1着で約90万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-09.html

12月15日朝日杯FS
14番人気のグランレイが3着となり、902.6倍的中で54万1560円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-16.html

12月22日有馬記念
578.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-23.html

12月28日ホープフルステークス 
3連単4点指示で41万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-29.html




有料情報 お申込み方法

2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 

土曜日は情報馬2頭のワンツー決着で12万4200円獲得となりました

人気ブログランキングへ



今週は3年連続的中のフェブラリーS週となります。
今年のフェブラリーSは『特注厩舎情報馬』出走レースとなり、通常の倍額(5~6万円)での勝負レースとなります。

また、今週の日曜日は倍額勝負の『強力騎手情報馬』も出走となります。



今週の日曜日出走の強力騎手情報馬

・・・・・・・走前の・・・・・・時計はレコード決着だった翌週の・・・・・・・・より0秒3遅いだけで、レースの終い1ハロンは前者が11.●に対し、こちらが11.●と優秀な数字でした。
枠なりに内を進めたとはいえ、直線は2頭分外に持ち出すとスムーズな加速を見せており、ステッキ一発で一気に抜け出して上がりが速く瞬発力の生きる展開で決め手を生かした格好となりました。
この馬の場合、攻めでもそうですが首の使い方や四肢の運びがなめらかで推進力に優れ、・・・・・・・・を迎えて芯が通ってしっかりした印象があります。
・・・・・・の・・・・・走前は外枠で壁が作れませんでしたが、(以前ならそういう形で崩れていましたが)折り合いもついて直線でもしっかりと伸びて・・・・・・・守れており、精神面での成長が見られました。
・・・・・・・騎乗した・・・・・・・騎手も「折り合いがつき過ぎるぐらいでしたね。その分、ラストもしっかりと脚をつかってくれたけど、今ならもう少し距離があった方が良いと思います」と話しており、今回は距離延長の・・・・・・・・・・・・・・・・に使われる経緯となりました。
今回は・・・・・・・・・・・・で更にパフォーマンスが上昇しそうな1頭となります。


上記内容は会員様情報で公開させていただきます。



2019年のフェブラリーSは特注厩舎情報馬インティから20万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-17.html

2018年のフェブラリーSは41万5600円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2018-02-18.html

2017年のフェブラリーSは23万5200円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2017-02-19.html




土曜日の覆面トラックマン情報結果

京都2レース
15シーハーハー
初戦はゲート入りに手こずり、出遅れてから挽回していましたが、直線では手前が替わらずにラスト1ハロンで止まってしまい6着。
2戦目は2番手からの競馬となり、終いまで脚が上がらずに走れていましたが右手前のままでひと押しを欠いてしまい2着。
休養後の4戦は2,4,2,4着と立て直しの効果が大きく、2走前は牝馬限定戦での減量騎手起用となりましたが外枠だったために仕掛けてハナに立ち、道中はマイペースで逃げるも最後の坂で甘くなってしまい2着。前走も減量騎手起用となりましたが、混合戦で相手強化の1戦となり最後は手前も替えずに4着。
今回はシュタルケ騎手騎乗で2キロ増え、再度混合戦での右回りとなるだけに、前走同様危険な人気馬候補となります。

12ファイヤーテーラー
2走前のダート1400m戦では追われてから手前が替わらず3着まで。
ダート2戦目の前走は1200m戦に使われて2着。
「調教は追って伸びるけど、レースに行くと頼りなさがありますね。距離は1200mの方が合っていますし、今回も良いと思いますよ」との事。
前走はスッと行き脚がついて好位の内から進めてゆとりを持って追走し、4角でも抑えたままでジワジワと脚を使って2着となりました。
前走は距離短縮が功を奏した格好となりましたが、相手が悪かったケースと言え、再度同条件で好勝負になる1頭です。


14テイエムイダテン
ダート替わりとなった2走前は「前半は忙しかったけど、慣れればこの距離でも問題無さそうです」との事で、気合をつけて前へ息、促しながら流れに乗って最後は渋太く脚を使って2着。
ダート2戦目となった前走はスタートで躓いた上に外の馬が速く、道悪馬場での泥の塊を被るのを嫌ってハナを奪い切り、4角では他馬に前に出られましたが渋太さを発揮して差し返しての2着となりました。
近2走からダート適性の高さを示しており、スムーズな競馬が出来ればここも勝ち負けになる1頭と言えます。

会員様には情報馬2頭の1,2着固定の3連単で勝負していただき、情報馬2頭のワンツー決着で12万4200円獲得となりました。

2142






↓日曜日情報のお申込み受付中です↓
有料情報 お申込み方法


2019年のGⅠレース結果 24戦12勝

2月17日フェブラリーS
特注厩舎情報馬インティが1着となり、約20万円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-02-18.html

3月31日大阪杯
完全的中で88万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-03-31.html

4月7日桜花賞
「高配当の使者」が5番人気1着で24万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-04-08.html

6月2日安田記念
◎2アエロリットからアーモンドアイ、ダノンプレミアム切りで56.7倍的中で79万3800円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-02.html

6月23日宝塚記念
「高配当の使者」スワーヴリチャード3着で38万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-06-23.html

9月29日スプリンターズステークス
馬単3点での的中となり、61万2000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-09-29.html

10月13日秋華賞
709.7倍的中で70万9700円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-10-13.html

12月1日チャンピオンズカップ
4インティ(特注厩舎情報馬)からのワイド2点指示ダブル的中で32万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-02.html

12月8日阪神JF
高配当の使者レシステンシア1着で約90万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-09.html

12月15日朝日杯FS
14番人気のグランレイが3着となり、902.6倍的中で54万1560円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-16.html

12月22日有馬記念
578.6倍的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-23.html

12月28日ホープフルステークス 
3連単4点指示で41万4000円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2019-12-29.html




有料情報 お申込み方法

2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html

 
★★★
メッセージ

名前
メール
本文
アーカイブ
記事検索