競馬

FC2 Blog Ranking
2013年G1レース結果

2013年
春のG1戦績10戦6勝!

2014年のG1戦績22戦13勝!




福島11レース
福島牝馬S

流れは基本的には『前傾』。
『前傾』では本来不利なはずの前につけた馬がよく好走しています。
小回りコースで直線の短い福島コースでは、後方に位置して上がり勝負を得意とする馬が届きません。
小回りコースは比較的ペースの弛まない流れになりやすく、中央開催なら前がつぶれてしまいますが、前にきつい流れでも踏ん張りきれてしまうケースが多いのがローカルコースの傾向。
ローカルコースは平坦ということもあり、前が止まらない傾向がより顕著になります。
特に函館・札幌・福島・小倉では前が止まらず、ペースが弛めばさらに前有利な展開になるため、基本は逃げ・先行馬から考えます。
マイル、中距離でペースを握る馬がはっきりわかると対策も立てやすいので、逃げ馬は非常に重要です(=大逃げするタイプは厳しいペースになるので、その場合は大逃げした馬はつぶれてしまいます)。
また、内枠なら好走の可能性が上がります。

牝馬重賞ということもあり、『中弛み』も複合することが多いことも、前につけた馬が好走しやすい要因で、内枠の好走が多いのもポイントです。

追込も決まることはありますが、差し-差しの決着は少なく、先行-差しの組み合わせが基本となります。

血統の傾向は、ここ数年サンデーサイレンス系×欧州スタミナ型血統の配合馬の好走が多く、サンデーサイレンス系は、ステイゴールドやダンスインザダークなどスタミナ型サンデーサイレンス系に向き、アグネスタキオンやフジキセキといったスピード型サンデーサイレンス系の場合は母父が欧州スタミナ型血統配合馬が好走。
母父サンデーサイレンスも好走が多く、近5年で福島芝1800mで行われた4年で好走馬を輩出。
欧州スタミナ型血統は、大系統ノーザンダンサー系(=ヴァイスリージェント系・ニジンスキー系・リファール系など)やロベルト系、グレイソヴリン系、菊花賞に強いファイントップ系などの好走が目立ちます。

福島の馬場は欧州型に近い馬場になることが多く、スタミナの要る馬場と言えます。

ステップの傾向は、前走中山牝馬S組が好走しており、好走した馬ばかりでなく、少し負けた組の反撃が多い傾向。
その傾向から、特に先行して好走した馬は崩れにくく、軸には最適と考えられます。

過去10年で中山牝馬S組が19頭も馬券になっており、06年を除く9年間で
全て馬券になっています。その9回の内、07年を除く8回で中山牝馬S組が優勝しており、この8回は全て中山牝馬S組が2頭以上馬券になっています。

また、以前に福島芝コースで好走した実績のある馬の好走も多いのもポイントでリピーターには注目が必要です。 

今年も中山牝馬S組が7頭が登録しており、中山牝馬S最先着となった3着馬パワースポットは福島コースで2着の実績があります。






有料情報 お申し込み方法




会員様からのお礼の写真

P1070571




2013年G1レース結果

2013年春のG1戦績10戦6勝!