競馬

FC2 Blog Ranking
2013年G1レース結果

2013年
春のG1戦績10戦6勝!

2014年のG1戦績22戦13勝!


宝塚記念情報
流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』になりやすく、持続型の流れになりやすい傾向。
過去5年に関しては、『中弛み』の流れも複合しており、そのため前につけた馬の好走が多く、4コーナー5番手以内に位置して先行して押し切るようなタイプが向いています。
また、近年良馬場で行われた年は09年・11年・12年・13年、稍重が07年と10年、重馬場が08年と梅雨時期のレースという点にも注意が必要で、馬場が悪化するに従い、4コーナー5番手以内の好走馬が好走しやすい傾向はより顕著になっています。

血統の傾向は、欧州スタミナ型の血統の好走が多く、大系統ノーザンダンサー系(=ニジンスキー系、ヴァイスリージェント系、サドラーズウェルズ系、リファール系など)が特に強い印象。
また、グラスワンダー産駒の好走も多く、ロベルト系も欧州型の要素の強い系統であり、欧州スタミナ型は重要なポイントとなります。
サンデーサイレンス系は、スタミナ型のサンデーサイレンス系(=特にステイゴールド産駒、スペシャルウィーク産駒など)、または欧州型スタミナ型血統×母父サンデーサイレンス配合馬が要注意。
牝系の傾向は、No.〔3〕〔5〕〔7〕〔8〕が好走が多い傾向があり、No.〔3〕の牝系は、中距離実績のあるスピードの裏付けがある先行タイプの馬が狙い目。
No.〔5〕の牝系は、特に分枝記号gの好走が多く、近走好走しているのに人気がない時が要注意(=04年2着シルクフェイマス、05年1着スイープトウショウ、08年エイシンデピュティなど)。
No.〔7〕の牝系は、阪神コースでの好走が多く、コース適性が向いているためと思われます。
No.〔8〕の牝系は、上位人気でしっかり好走。天皇賞春からのステップでの好走が多くなっています。
分枝記号では、b、c、g、l記号が複数好走馬を出しています。

距離適性は、東京芝2400m好走馬や中山芝2500m、京都芝3200m好走馬の成績が良いため、かなりのスタミナが問われるものと考えられます。
ステップの傾向は、前走3着内好走馬が強く、特に天皇賞春好走馬がよく好走しています。
以前は金鯱賞好走馬の好走が多くなっていましたが、12年より金鯱賞の代わりに鳴尾記念が入れ替わり、そのため鳴尾記念好走馬にも注目が必要です。
前走凡走馬でも狙えるのは、天皇賞春からのステップ馬。
それでも天皇賞春上位人気馬でないと厳しい傾向となっています。



2015年のG1成績

ダービー 不的中

オークス 不的中

ヴィクトリアマイル 不的中

NHKマイルカップ 不的中

天皇賞・春 6010円的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-05-03.html


皐月賞 1530円的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-04-19.html


桜花賞 不的中
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-04-12.html
桜花賞は5番人気レッツゴードンキ、7番人気クルミナルが1,2着となりましたが、
3連複での買い目指示となり、コンマ2秒差で126.9倍が不的中となりました。
的中していれば126万9000円の払い戻しとなっていました。


高松宮記念 7480円的中、8万1560円的中で30万円の払い戻し
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-03-30.html



有料情報 お申し込み方法




会員様からのお礼の写真

P1070571




2013年G1レース結果

2013年春のG1戦績10戦6勝!