競馬

FC2 Blog Ranking
2013年G1レース結果

2013年
春のG1戦績10戦6勝!

2014年のG1戦績22戦13勝!


阪神11レース

神戸新聞杯

流れは、12・14年年は『中弛み』、09年・10年・11年・13年は『加速・中弛み』の流れ。
近年をみると共通しているのは、『中弛み』の流れとなります。
中盤で脚を溜めて、最後には瞬発力勝負の上がり特化のレースというのが神戸新聞杯の特徴で、好走が多い位置取りは、4コーナー5番手以内の馬が好走が多く、先行してそこから速い上がりで一気に突き抜けるタイプが好走しています。
過去10年で4コーナー5番手以内の馬が16頭馬券に絡んでいますが、4コーナー5番手以内で馬券に絡んだ馬は全て6番人気以内の馬で、穴馬は先行して残れていません。

血統の傾向は、大系統ターントゥ系(=サンデーサイレンス系、ロベルト系など)が好走多く、ステイゴールド、アグネスタキオン、マンハッタンカフェ、ハーツクライ、ディープインパクト等の好走からスタミナ型サンデーサイレンス系向きと思われます。
スタミナ型ということでロベルト系グレイソヴリン系なども好走血統なので、欧州スタミナ型血統にも向くはずですが、キレる脚が必要です。

ステップの傾向は、ダービー好走馬は信頼できる傾向(=05年1着ディープインパクト・2着シックスセンス、061着年ドリームパスポート・2着メイショウサムソン、07年2着アサクサキングス、08年1着ディープスカイ・2着ブラックシェル、09年2着リーチザクラウン、10年1着ローズキングダム・2着エイシンフラッシュ、11年1着オルフェーヴル・2着ウインバリアシオン、13年1着エピファネイア、14年1着ワンアンドオンリーなどはダービでも3着以内に好走した馬)。
また朝日杯FS好走馬も好走率が高い傾向となっています。



有料情報 お申し込み方法




会員様からのお礼の写真

P1070571




2013年G1レース結果

2013年春のG1戦績10戦6勝!