競馬

FC2 Blog Ranking
2013年G1レース結果

2013年
春のG1戦績10戦6勝!

2014年のG1戦績22戦13勝!

先週の3日開催は3戦2勝となりました。

日曜日のマイルチャンピオンシップの的中で今年の秋のGⅠレースは6戦5勝となりました。

マイルチャンピオンシップ50万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/48430406.html

エリザベス女王杯24万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-11-15.html

天皇賞秋32万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-11-01.html

菊花賞不的中

秋華賞171万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-10-18.html

スプリンターズS10万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-10-04.html

今週のジャパンカップは通常の倍額での大勝負レースとして会員様に情報公開させていただきます。

(日曜日情報のみの登録も募集しています。)



日曜日
京都11レース
マイルチャンピオンシップ

過去5年の流れをみるとテンが緩い『加速』にはなりにくく、基本は『前傾』で中盤の2Fで『中弛み』か『一貫』のオプションがつく傾向となっています。
例年速い上がりを使える差し・追込馬が、展開上で有利な位置取りで少なくとも1頭は好走しています。

血統の傾向は、以前はサンデーサイレンス系が圧倒的に強かった傾向がありましたが、近年はストームバード系やミスプロ系、ヴァイスリージェント系など芝・ダート兼用型血統の好走が多くなりました。
『前傾』の流れが多くなったことにより、スピードの持続性能が問われることが多くなったと思われ、そのため好走が多くなったと考えられます。
大系統ノーザンダンサー系(=ストームバード系、ヴァイスリージェント系、ノーザンテースト系、ニジンスキー系、サドラーズウェルズ系など)も父か母父に入っているとなお良い傾向。

牝系の傾向は、No.〔4〕〔8〕〔11〕が好走馬が多い傾向。
No.〔4〕は、古馬での成長力が豊かな牝系で、前走から距離短縮だと好走しやすいイメージがあります。
No.〔8〕は、東京・京都コースに向く伏兵タイプで阪神コースにも強い特徴があります。
No.〔11〕は、東京・京都コースに向くのびのびと加速する流れに強い牝系。 
ステップの傾向は、天皇賞秋から出走した馬が、人気の場合はよく好走しています。
また、前走毎日王冠好走馬は、直行でも天皇賞秋を挟んでも好走が多い傾向にあり、これはマイルCSが中距離よりの適性が必要ということと考えられます。
マイルチャンピオンシップはスプリンターズSとはつながりにくく、1800mや2000mの重賞好走馬に向くイメージがあります。
スワンSはスプリンター寄りの結果になりやすいことが原因で、マイルCSと適性が異なりますが、近年は3年連続で2着に好走しています。
スワンSが稍重や重といった馬場に悪化するとマイル重賞向きの適性となるので、その場合はつながる可能性が高まります。

富士Sは以前はつながりにくい傾向がありましたが、近年は好走馬が連続好走することが多くなってきています。
また近年は、朝日杯FSやNZT、ダービー卿CTや京成杯AHなど中山芝1600m重賞好走歴のある馬の好走が多くなってきています(=07年1着ダイワメジャー:05年ダービー卿CT1着、07年2着・08年2着スーパーホーネット:05年朝日杯FS2着、08年3着ファイングレイン:06年NZT2着、09年2着マイネルファルケ:09年ダービー卿CT2着、10年1着エーシンフォワード:08年NZT2着、11年1着エイシンアポロン:09年朝日杯2着、11年2着フィフスペトル:08年朝日杯FS2着・11年京成杯AH1着、12年2着グランプリボス:10年朝日杯FS1着など)。
好走歴のある馬は再度好走する傾向もあります。
(ダイワメジャー05年2着→06年1着→07年1着、スーパーホーネット07年2着→08年2着、ダノンシャーク13年3着→14年1着)


レース結果
会員様情報では3連単24万円獲得+馬連26万7000円獲得となり、合計50万7000円の払い戻しとなりました。
36







asa








土曜日の結果



京都10レース

10マキシマムドパリ
4走前のフローラSは開幕週で絶好の馬場となり、上がり性能必須の馬場状態。
レース序盤に好発を決めたシングウィズジョイと外枠から行き脚ついたグリシーヌシチーが並ぶも、競り合いとはならずすぐ隊列が決まる展開。
好位組もみな押さえ込んだままとなり、道中一切ペースが上がらず直線でも縦に長いままになってたほどで、後続が全く押し上げず全馬脚を余す展開となりました。
後方の馬もほとんど33秒後半~34秒前半の脚を使っているものの、隊列が全く変わらずに距離適性が合わず能力も近い馬同士の隊列勝負となりました。
同馬は最内枠を利してまずまずのスタートからしっかりと好位のポジションを確保し、道中はディアマイダーリンの直後で進めながら3~4コーナーでも最内ポケットを立ち回って3列目で直線。
直線序盤で進路確保してシングウィズジョイの直後を突いて伸びてはいましたが、最後まで詰めきれずに君子蘭賞同様シングウィズジョイとの差をなかなか詰められず、ディアマイダーリンにも先着を許しての3着。

前走の秋華賞は高速馬場のハイペース戦。
中盤はペースが緩みましたが、それでも速く、先行馬には厳しい展開で中団追走した勝ち馬が、大外から伸びた2着馬の追撃を凌いでの勝利となりました。
マキシマムドパリは直ぐに折り合って手応え良く追走し、3コーナーから外を回って早めに取りついて行って1ハロン標過ぎには先頭に立つ展開となりましたが上2等には伸び負けしてしまい3着となりました。
一気の相手強化でも強気のレースをして3着に健闘しており、地力強化が顕著な1頭と言えます。


レース結果

無料公開のマキシマムドパリが1着となり、16万8400円獲得となりました。

168400













有料情報 お申し込み方法




会員様からのお礼の写真

P1070571




2013年G1レース結果

2013年春のG1戦績10戦6勝!