今週は天皇賞・秋週となります。

今週の天皇賞・秋は3点以内の倍額勝負レースとなります。
また、今週は倍額勝負の厩舎情報馬の出走週となります。



土曜日の覆面トラックマン情報
新潟12レース

6エテレインミノル
休み明けとなった4走前は「稽古からそうなんですが、乗りやすくなり過ぎいる感じで、直線では伸びそうで姿勢が高くなってしまって伸びませんでした。この内容なら唸っているぐらいの時の方が走ると思います」との事で、直線ではバッタリと止まってしまい8着。
3走前には中間から以前の様な気難しさを見せており、一度レースに使われて馬が前の状態に戻って3着に健闘しました。
2走前の阪神戦はゲートで後手を踏んでしまい、道中は我慢させて直線で外に出してからジワジワと伸びて4着となりましたが、このレースでは今まで追われてからアタマが上がる面がシャドーロールで矯正されており、前走は上手いレース運びで直線では前2頭の間の狭いスペースから抜け出して2着に食い込みました。
シャドーロールの効果でワンパンチ不足が解消されてきた今回も再度勝ち負けが期待できる1頭と言えます。




2014年の天皇賞秋は◎1ジェンティルドンナから馬連4点で3140円的中となりました。
↓馬連4点的中で58万900円獲得。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2014-11-02.html

↓2015年の天皇賞秋は32万7930円獲得!
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2015-11-01.html


昨年は『予告の4点以内レース』として会員様情報では◎サングレーザーから馬連3点指示で24万3200円の払い戻しとなりました。
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2018-10-29.html


2018年の天皇賞(秋)情報内容

9サングレーザー
マイル戦で速い流れになると最後に甘くなっており、2走前の安田記念もかなり強い競馬でしたがタイトに流れた中で、前半3Fが34.9秒の中を15番枠からポジションを取るのに脚を使わされてしまいました。
そこからは11.3-11.3-11.4-11.4-11.7のラップ推移で淀みなく流れ、この速い流れでコーナーでは外々を回されるロスもありながらでも直線は渋太く外から食らいついてきてきていました。
この馬の引きはトップスピードに乗せてからの持続力の長さで3走前のマイラーズCで持続戦で上手く内目を立ち回りならレコードタイムでモズアスコットを撃破し、ラスト1ハロンの破壊力は驚異的でした。
この馬のトップスピードに乗ってからの持続力は大きな魅力で、安田記念でも外々でロスがありながらも内でロスなく立ち回れたスワーヴリチャードを相手にラストは互角以上のモノを見せており、今回はスワーヴリチャードをマークしながら競馬が出来れば逆転の可能性もある1頭です。



会員様には◎9サングレーザーからの馬連3点指示での的中となり、馬連15.2倍的中で24万3200円の払い戻しとなりました。


44










10月24日の指数会員結果


999





888






777






666






555





444





333





222
























先週の会員様情報結果


事前公開内容

月曜日出走の「強力騎手情報馬」
休み明け+昇級戦の・・・・・・・でいきなりクラスに目途を立て、・・・・・・・・・・の・・・・・・は「勝ち馬を見ながら良いレースができましたが、最初のコーナーで自分の位置が勝ち馬に分かってしまったようで、向こうはギリギリまで動きませんでしたからね。タメを作られてしまいました。」との事で・・・・・・・。
道中はリズム良く追走し、直線も好位の内からのラインを綺麗に捌いてきましたが、勝ち馬に最高に乗られた格好となりました。
・・・・・・主体だった調教は・・・・・・・・・・・・・・・使われてからは・・・・・・・・主体に切り替わり、抜群の脚裁きを見せている今回も勝ち負け濃厚の1頭と言えます。

同一レース出走の情報馬
・・・・・は・・・・・・・・・・・・の最内枠と最高の枠順を引きましたが、アオリ気味にスタートしてしまい、二の脚で出遅れを挽回して早目に好位馬群に取りつく形となりました。
4角では磐石の態勢に見えましたが、勝負どころでスッと反応しなかったせいもあり直線入り口で射程圏に入れるも、狙ったスペースを次々につぶされてしまい、直線で包まれると最後は寄られてバランスを崩す致命的な不利を受けて・・・・・に敗れました。
・・・・・の・・・・・・戦は直線で抜け出してから左手前に替えた途端にスピードが落ちてしまい、バランスを崩してしまいましたが最後はクビの上げ下げまで持ち込んでの・・・・・・となり、・・・・・・・でようやく勝ち上がると・・・・・・での・・・・・・の・・・・・で・・・・・・・・・・・に好走しました。
今回は・・・・・・・・・・・・で・・・・・・・・・・・・・・・・・・上々の動きを見せており、得意の・・・・で好勝負可能の1頭と言えます。


上記レースは会員様情報で以下のように公開させていただきました。



月曜日の覆面トラックマン情報

東京8レース

10ルイジアナママ(強力騎手情報馬)
休み明け+昇級戦の2走前でいきなりクラスに目途を立て、クラス2戦目の前走は「勝ち馬を見ながら良いレースができましたが、最初のコーナーで自分の位置が勝ち馬に分かってしまったようで、向こうはギリギリまで動きませんでしたからね。タメを作られてしまいました。」との事で2着。
道中はリズム良く追走し、直線も好位の内からのラインを綺麗に捌いてきましたが、勝ち馬に最高に乗られた格好となりました。
坂路主体だった休み明けを使われてからはコース主体に切り替わり、抜群の脚裁きを見せている今回も勝ち負け濃厚の1頭と言えます。

9ミスマリア
初戦は中山マイルの最内枠と最高の枠順を引きましたが、アオリ気味にスタートしてしまい、二の脚で出遅れを挽回して早目に好位馬群に取りつく形となりました。
4角では磐石の態勢に見えましたが、勝負どころでスッと反応しなかったせいもあり直線入り口で射程圏に入れるも、狙ったスペースを次々につぶされてしまい、直線で包まれると最後は寄られてバランスを崩す致命的な不利を受けて5着に敗れました。
2戦目の東京戦は直線で抜け出してから左手前に替えた途端にスピードが落ちてしまい、バランスを崩してしまいましたが最後はクビの上げ下げまで持ち込んでの2着となり、3戦目でようやく勝ち上がると休み明けでの昇級戦の前走でいきなり2着に好走しました。
今回はクラス2戦目でひと息はいりましたが上々の動きを見せており、得意の東京で好勝負可能の1頭と言えます。


結果は予告の強力騎手情報馬10ルイジアナママが1着、9ミスマリアが3着となり46.5倍的中となりました。




有料情報 お申込み方法


2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html