東京11レース


日本ダービー


13グレートマジシャン

前走の毎日杯はレコード決着の中で2着。

この馬は府中巧者(上り坂を自力で加速する能力)の感じをセントポーリア賞で見せていたため、真逆になる阪神外回りコース(勝負どころが下り坂となっているため、自力で加速する性能が低い馬でも加速が可能)は相対的に合わないコースだけに悲観する2着ではありません。

毎日杯は平均ペースでも45.9-46.2と質の高い平均ペースせんとなっており、流れた中でのL2最速で一質的なスピード面が前半から強めに求められた中で、脚が削がれてしまいました。

府中なら自力での加速性能が大きく問われるため、この要素はシャフリヤールが見せていない(自力加速地点で置かれ気味)だけに、スローで流れて自力で坂の加速性能が問われる展開ならこの馬が上回ってきます。





土曜日の覆面トラックマン情報結果

東京12レース
16エースレイジング
昇級後は11,11,9着と結果が出ていませんでしたが、1600mに短縮した前走はいきなり2着に好走した同馬。
「ハナに行ければ行くつもりでしたが、主張してくる馬がいたので2番手から進めました。ただ、途中から掛かり気味に来る馬がいて早めに動かざるを得なくなりました。それでも凌いでくれと思いましたが、勝った馬が強かったです。」との事。
前走は直線入り口で先頭に躍り出ると一旦は2〜3馬身引き離してアワヤのシーンを作りましたが、最後は勝ち馬の決め手に屈してしまいました。
厳しい流れを考えれば前走はかなり中身の濃い2着と言え、再度同舞台のここも好走可能の1頭と言えます。

会員様には◎16エースレイジングからの馬連3点指示で18.7倍的中となり、18万7000円の払い戻しとなりました。

187








↓日曜日の登録受け付け中です↓


2020年上半期のG1レース結果(12戦6勝)約700万円獲得

・2月23日(フェブラリーステークス)
配当の使者ケイティブレイブ16番人気2着で434万円獲得

・3月29日(高松宮記念)
21万馬券的中で87万円獲得

・4月5日(大阪杯)
情報馬3頭が1~3着を独占し、78.1倍的中

・4月12日(桜花賞)
デアリングタクトとレステンシアの馬連1点指示となり、11.1倍的中で111万円獲得
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/2020-04-12.html

・皐月賞不的中

・天皇賞・春不的中

・5月10日(NHKマイルカップ)
6ギルテッドミラー(特注厩舎情報馬・高配当の使者)が3着となり、ワイド12.3倍的中で14万7600円獲得

・ヴィクトリアマイル不的中

・オークス不的中

・5月31日(日本ダービー)
予告の完全1点指示で27万円獲得

・安田記念不的中

・宝塚記念不的中



2017年 G1レース結果
↓22戦12勝 G1レース総払い戻し額539万円↓
http://blog.livedoor.jp/keibablast5/archives/cat_1262998.html